ダイエットに水分はとても大事。「顔がむくむから」って、夜の水分を控えるのは逆効果! 水分が不足すると、血液がドロドロになって脂肪が燃焼しにくくなります。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
夕方のダイエット習慣

朝のダイエット習慣

3.夕食ダイエットメニュー

水分接種法

私たちの体にとって、水分はとても大切です。では実際にどんなタイミングで、何をを摂取すればいいんでしょうか?

一日の水分摂取量は2〜3リットルとします。活動量が少ない女性なら2リットル、活動量の多い男性は3リットルが目安ですね。夏場は汗の量も多くなるので、300〜500mlくらい多く摂取するといいと思います。キッチリ考えたい人は、体脂肪計で量って『除脂肪体重×50cc』で計算して、普通の体重計しかないときは『体重×40cc』で計算してみてください。

それから1回あたりの摂取量なんですけど、胃が一度に吸収できる水分の量は200〜250ml、1時間あたりで800ml程度といわれてます。だから一度にたくさん飲むんじゃなくて、200ml程度の水分をちょくちょく飲んだほうが吸収率は高まるんですよ。

タイミングは、まず朝起きたとき! これは必ず習慣にしてください。ダイエットする人の中には便秘の人も多いと思いますけど、つめた〜い水の刺激が腸のぜんどう運動を活発化して、便秘予防にもいいんですよ。

次は食前。これはのどが渇いたときの空腹感をやわらげるのと、胃をいっぱいにすること(胃壁拡張)で満腹感を得ることができますからね。さらにお腹いっぱいにしたかったら、オオバコ粉末を水にといて飲むといいです。

食事中も少しずつ水分補給をおこなうことで、食べすぎ防止にもなります。食間には空腹を感じたときも水分をとって、このときもオオバコを入れればさらに効果アリです。

ほかには運動や入浴前など、これから汗をかく事が解っているときは、必ず先に水分を摂取すること。お風呂上りはのどが渇くけど、『のどが渇く』ってのはすでに体が脱水症状にあることを知らせるためのサインなんです。運動や入浴中は、30分ごとにこまめに摂取しましょう。

そして一日の最後として寝る前に摂取する。「顔がむくむから」って、夜の水分を控える人、多くないですか? でも要注意! 水分不足は、むくみや脂肪にとっては、逆効果なんですよ! 人間は睡眠中も汗をかきます。体が水分不足になれば、血液ドロドロになって脂肪燃焼しにくくなります。

とにかく水分をとることがダイエットの必勝法! 今までに書いたタイミングは必須として、それ以外でもこまめに水分摂取を行うことが大事。

じゃあ何を飲めばいいのかしら? 次のページで説明しますよ。

 
 
すきま時間に歩く